アクネ菌

アクネ菌

背中ニキビは顔にできるニキビと同様
「アクネ菌」というものが原因になっています。

 

ニキビで悩んでいる方なら一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

アクネ菌はお肌を弱酸性に保つ働きがあり
病原菌からお肌を守る大切な菌でもあります。

 

しかし、これが増えすぎてしまうとニキビの原因となるのです。

 

アクネ菌は本来、顔の皮膚に常在する菌なのですが
人の背中にも存在するものなのです。

 

アクネ菌は皮脂をエサとして生きているので
胸や背中の皮脂の多い部分に集中して存在します。

 

毛穴が汚れなどで塞がれて皮脂汚れが溜まってしまうと
アクネ菌がその皮脂を糧にどんどん増殖してしまい、化膿し背中ニキビの発生になります。

 

しかし清潔を保つことでアクネ菌の増殖は抑えられます。

 

汗をかいたら清潔なタオルでこまめにふき取りましょう。
こんな簡単なことからでも、菌の増殖を防ぐことができます。

 

アクネ菌は毛穴の中に潜んでいますので
石けんやボディーソープをしっかり泡立てて
手の届きにくい背中ですが、やさしく丁寧に洗ってください。

 

背中は目の届かない部分でもありますが
意識的にケアすることによって予防も改善もすることができるのです。