睡眠時間

睡眠時間

夜更かしなどして十分な睡眠時間がとれていないと
背中ニキビのできやすい体質になってしまいます。

 

睡眠不足になると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れます。

 

ホルモンバランスが崩れることにより、皮脂の分泌量が増え
背中ニキビができやすくなってしまうのです。

 

また、お肌のターンオーバー機能も低下し
古い角質が蓄積され毛穴をふさいでしまうことも背中ニキビの原因のひとつです。

 

体が疲れていると、お肌の再生ができません。

 

ゆっくりと睡眠をとり、疲労を回復させましょう。

 

大体22時〜2時頃がお肌の新陳代謝がよくなる時間だと言われています。
睡眠時間は最低でも7時間とれるのが理想です。

 

そして、なるべく毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝てください。

 

そうすることによって、規則正しい生活リズムが体に刻まれ
よりお肌のターンオーバーが活性化され、良いサイクルが生まれます。

 

背中ニキビにはスキンケアも重要なのですが
こういった、生活習慣の見直しが一番ニキビには大切なことなのです。

 

現在の生活習慣を見直し、より健康的な生活を送るよう心掛けましょう。