京都府北部が大雨の影響で浸水

ここのところ、かなり不安定な天気が続いていると思います。
雨が原因で土砂崩れが起きてしまうという被害、また竜巻とみられる突風で
家屋が損壊されてしまうという被害が起きています。

9月2日、京都府北部では西日本に停滞する前線の影響で、各地で断続的に
強い雨が降りました。この雨の影響で福知山市内の府道が土砂崩れで通行止めに
なったほかに、鉄道のダイヤも大幅に乱れたのです。
そして大雨のよる警報の発令により、臨時休校する学校も相次ぎました。

福知山市三和町で2日午後5時までの24時間で観測した降水量は147.5ミリ、
そして午前8時までの1時間で41ミリ。綾部市でも同じ時間に40.5ミリを
観測したと気象庁が発表しました。

9月2日に2学期の始業式が行われるという学校も多かったのではないでしょうか。
安全の確保のためにも臨時休校になったことは、当然のことかもしれませんね。

臨時休校にした学校もあれば、下校時間を早めるという学校もあったようです。
まだ不安定な天気は続くようです。そして台風が発生しているということもあり、
今後の情報にはしっかり耳を傾ける必要がありますね。
対策をとっておくことも大切だと思います。

参考にしたニュース記事
大雨:影響で府北部浸水、交通に乱れ 臨時休校相次ぐ /京都