台風24号は温帯低気圧に

台風24号に関する情報が先日から報道されていますね。
多くの地域で強い雨や風など、かなりの荒れた天気になったのではないでしょうか。

山陰沖の日本海を北東に進んでいた台風24号ですが、10月9日の午前9時に
温帯低気圧に変わりました。
風速25メートル以上の暴風域はなくなりましたが、気象庁では海上などで
引き続き注意を呼びかけているそうです。
まだ風が強くなる可能性があるということなのでしょう。

JR福知山線は9日の朝に風速計が規制値に達したために、新三田から谷川間で
3回にわたって一時運転を見合わせたそうです。
このため、乗客約1万2000人に影響が出たということです。

また、滋賀県栗東市では9日の朝に下戸山、安養寺地区の173世帯600人に
避難勧告を出したそうです。
9月に台風18号の影響があり地盤が緩んでいるということから、土砂崩れの
恐れがあるとしています。

地域によっては臨時休校になったところもあったようです。
また、外を歩いていた女性が風にあおられて転倒してしまい、けがをしたという
情報もあるようですね。
まだ油断はできないと言われています。
今後もさらなる対策、注意が必要ではないでしょうか。

参考にしたニュース記事
台風24号:午前9時、温帯低気圧に…引き続き注意を